ニュース

4月5日沖縄で開幕の「悠久のシルクロード展」題字を揮毫

2022年4月5日(火)から5月8日(日)にかけて、沖縄県立博物館・美術館において「悠久のシルクロード展~古代エジプトからアジア、そして日本へと繋がる歴史と文化の道~」が開催されます。

柏木白光は展覧会の題字を揮毫させていただきました。展覧会の成功を祈願し、航海の安全祈る場である天妃宮(沖縄県那覇市)にて、題字を揮毫いたしました。

 

 

「悠久のシルクロード展~古代エジプトからアジア、そして日本へと繋がる歴史と文化の道~」

会期:2022年4月5日(火)~5月8日(日)

会場:沖縄県立博物館・美術館

開館時間:9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで

休館日:毎週月曜日

主催:一般財団法人 沖縄美ら島財団、琉球新報社、株式会社 宣伝

ホームページ:https://okimu.jp/exhibition/silkroad/

[公式ホームページより]
本展では、シルクロードの地を愛してやまなかった故平山画伯の作品と、選りすぐりの至宝を116点ご紹 介いたします。また、特別展示として、鎌倉初期から室町時代に制作された初公開の日本の仏像や、京都の 大佛師(四天王寺大仏師・成田新勝寺大佛師)松久宗琳が制作した貴重な仏像を展示、さらに奈良の唐招 提寺におさめられている平成時代の仏像彫刻家による薬師如来立像を合わせてご紹介いたします。